おすすめマーケティング記事 おすすめ 2015.11.25

オウンドメディアとは?マーケティング成功事例と知っておきたい長所と短所

オウンドメディアとは?

オウンドメディアを一言で簡単に説明すると、「Owned = 所有する」メディアで、企業にとっては「自社が所有するメディア」を意味します。自社発信のメディアはすべてオウンドメディアという解釈でき、カタログ、パンフレット、広報誌なども含まれます。

ただまぁ、一般的な意味合いでは、「企業の専門ジャンルについて、ユーザーが求めている情報をコンテンツ化し、発信するメディア」というような感じでしょうか。

そこで、今回はワタシが注目している企業のオウンドメディアBEST10を紹介しながら、オウンドメディアとはこういうものだとイメージが湧いてきたところで、長所と短所をお伝えしていきます。

 

大学受験勉強法ラボ | スタディプラス株式会社

大学受験勉強法ラボは、勉強SNS「Studyplus」を運営するスタディプラス株式会社が運営する大学受験の勉強法を解説するオウンドメディア。アフィリエイトまとめサイトのような構造で、1つ1つの情報の質が高く、ロングテールSEOに強い内容になっていますね。オウンドメディアというよりは、1つの情報サイトとして価値の高いものになっています。ページの終わりに、「Studyplus」のダウンロードへ促すシンプルな構造ながらも、全体の質の高さから、広告っぽさもなく、オウンドメディアとしてお手本にしたいメディアですね。

オウンドメディア1

 

Find Job ! Startup | 株式会社ミクシィ・リクルートメント

株式会社ミクシィ・リクルートメントが運営する「Find Job!」というITエンジニア向けの求人ポータルサイト内に作られたオウンドメディア。井出一誠氏を編集長に迎え期間限定で圧倒的な質と量の記事を更新し続け、SEOで月間1000万PVを超えに成功。

オウンドメディア2

 

プラスチックフィルムラボ | パナック株式会社

パナック株式会社が運営するフィルムにおける基礎知識から最新情報までを網羅したオウンドメディア。「そもそもフィルムとは?」「機能性フィルムとは?」「フィルムの強み・特長フィルムの用途」などの解説だけでなく、「アイデア募集」「フィルムの疑問・質問受け付け」「お役立ち資料ダウンロード」などのユーザとのコンタクトを取る導線も多く用意されています。更新性のあるブログ型メディアというよりは、固定的な情報サイトで、定期的に情報を足している感じです。ニッチでライバルが少ないジャンルを扱う場合はこのやり方が参考になりますよ。

オウンドメディア3

 

ノミモノ | KIRN

KIRINが運営する飲み物に関する質の高い情報が得られるオウンドメディア。イラストや写真での説明が分かりやすく、サイトのデザインも雑誌の様にオシャレで読みやすく、今後の成長にもますます期待できるメディアです。単なるライターではなく、多くの専門家が登場し、写真撮影やイラスト作成もきちんと行っていることから、1記事あたりのコストがかなり高いんじゃないでしょうかね。

オウンドメディア4

 

1 2 3

更新情報を
WEBプッシュでお届けします。

セルフ型アンケートサービス

Fastask

高品質なネットリサーチを圧倒的なスピードと次元の異なる低コストで。無料トライアル実施中。