おすすめマーケティング記事 おすすめ 2015.12.01

消費者心理を上手く利用したWEBライティングの10のテクニック

年々、人のテキストに関するリテラシーは高まっている

消費者心理を上手く利用したWEBマーケティング。脳科学の立場から消費者心理や行動を分析しようとするニューロマーケティングというものも出てきていますね。これからますます消費者心理を上手く利用することが大切になってくるかもしれません。

平成 27 年5月総務省情報通信政策研究所がリリースした「平成 26 年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書」の中の平日・休日のテキスト系メディアの行為者率及び行為平均時間の図に注目です。

WEBライティング1

 

どうです?毎年、テキスト系メディアの利用が増えていることが分かりますね。
続けて、平成26年の平日1日のテキスト系メディアの平均利用時間に注目してください。

WEBライティング2

 

まぁ何がいいたいかというと、テキスト系サイトの利用時間が各世代で非常に多いということです。年々テキストに触れることが多く、その中でもテキスト系サイトの利用が高いということは、Webサイトなどでの情報発信やセールに対する一般ユーザのリテラシーが高くなっていくということが言えますね。

ですから、何気なくサイトで情報を伝えていては、消費者の心を掴むことができないばかりか、消費者にすらなってもらえないということが起きてしまいます。そこで、今回は、行動心理学を利用したWebライティングのテクニックのBEST10を紹介します。多くの中から、Webサイトやランディングページでよく用いられ、消費者へ商品の購入やサービスの申し込みを促すために重要なもの10個選びました。それではさっそくいきましょう。

今回の記事に関連するアンケート調査
マーケッターに聞く!コンテンツマーケティング実態調査

1 2 3

更新情報を
WEBプッシュでお届けします。

セルフ型アンケートサービス

Fastask

高品質なネットリサーチを圧倒的なスピードと次元の異なる低コストで。無料トライアル実施中。