おすすめマーケティング記事 おすすめ 2016.03.01

もう迷わない!あなたがオウンドメディアをやるべき10のホント

企業が自ら運営するオウンドメディア。よく「●●ラボ」「●●研究所」「●●部」みたいなWebサイトを目にしますよね。それらはオウンドメディアの一つ。

そもそもオウンドメディアについてあまり詳しくない方は、以下の記事をまずはチェック!その後に本記事を読んでみてくださいね。

参考:「オウンドメディアとは?マーケティング成功事例と知っておきたい長所と短所」

さてさて、オウンドメディアについて関心はあるけれど、やるべきかどうか悩んでいる。そこのアナタ。実に興味深いデータをご紹介します。

MRCが2015年に20代~50代のマーケティング担当255名を対象に行った「オウンドメディア活用に関するアンケート調査」。

問いは、「オウンドメディアの施策について、どのような効果を感じていますか」。
回答は・・・

・「オウンドメディア経由での売上げや問合せが伸びてきた」(33.3%)
・「オウンドメディアのWEBサイト流入が増えてきた」(50.0%)
・「オウンドメディアでのソーシャルのエンゲージメントが増えた」(50.0%)
・オウンドメディアのコンテンツががWEBで拡散することが増えた」(33.3%)

「特に効果は感じていない」の回答が11%なので、意外にも?成果を感じている企業が多いみたいですね。

あれ、まだピンとこない?わかりました。では、オウンドメディアをやるべき理由をひとつひとつ紹介していきましょう。

 

今回の記事に関連するアンケート調査
マーケッターに聞く!オウンドメディア活用実態調査2015

 

1、戦略が非常にシンプルである

オウンドメディアは戦略が非常にシンプル。特にブログやWebマガジン型の場合、ひたすら良質なコンテンツを作り続けるだけ。

あれこれ考えたり、KPIがどうの、という前にとりあえず良いコンテンツ創りまショ。

 

2、資産型である

オウンドメディアは運営すればするほど、価値が高まり、より高い成果を出せるようになります。ただしく運営すれば、その労力がきちんと資産になるのが魅力。

「サイトM&A」などの売買ももはやフツー。2014年にはDeNAさんがiemoとMERYの2社を計50億円で買収しましたよね。50億ですよ。サイトは育てれば、それだけの価値が出るということです。サイトでコンテンツを増やす=不動産に例えると土地面積を広げること。サイトのデザイン性や機能性を高めること=不動産で例えると建物の質を高めるようなことだと思うべし。

4683250983_3603f4609e_z

 

3、完成されれば、ゼロコストになり得る

SNS系のオウンドメディア(Facebookページなど)なら、フォロワー数が増えれば、何か特別な施策をする必要は少なくなります。

ブログやWebマガジン型のオウンドメディアでも、自然検索流入が確保されるようになれば、記事の更新のペースをかなり落とすことができます。

広告の場合は都度コストがかかりますよね。オウンドメディアはある程度のレベルへ達すると露出は安定してくるもの。企業の規模やジャンルによっては、オウンドメディアからの受注だけで仕事が回ってしまうということもぜんぜんあり得るワケです。

 

1 2 3

更新情報を
WEBプッシュでお届けします。

セルフ型アンケートサービス

Fastask

高品質なネットリサーチを圧倒的なスピードと次元の異なる低コストで。無料トライアル実施中。