おすすめマーケティング記事 おすすめ 2016.06.17

【決定的瞬間!】これこそが「顧客エンゲージメント」を生み出す源ですよ!あの”○○のフタ”が大幅改善!

1.例の○○のフタがめちゃくちゃ改善されとる

先日公開した記事、「【悲報】ブランドイメージを悪くする”○○のフタ”が全く改善していない!カスタマージャニーマップとか作ってる場合じゃないですよ!」は社内外からいろんな反響をいただきました。

やっぱ「エンゲージメント」を高めるにはこういうトコロをちゃんとやらないとな、なんて話しながら例のヨーグルトを食べようとしたら・・・。

めっちゃ改善されとる!!!!

すばらしい。というワケで動画にしてみました。

この記事の参考調査レポートを見る

ブランドイメージに関するアンケート

2.とにかくフタに”くっつかない”

まずはフタを開けた瞬間の「飛びちり」がほとんど無くなっています。

エンゲージメント01

 

さらに、スゴイのがフタの裏側に「全く」ヨーグルトがくっつかない。

エンゲージメント02

 

前回の動画と比べてみれば一目瞭然。

エンゲージメント03

うーん。スゴイ。

 

3.きめ細かくケアされた”エンゲージメントマーケティング”

さすが、明治さん。どうやら顧客の声から、さまざまな改善をされているようですよ。フタをより開けやすく、ボトルを持ちやすく、などなど。

エンゲージメント04

「明治:お客様の声を活かしました。」

http://www.meiji.co.jp/support/customers_comments/

 

これはスバラシイ。ヨーグルトを食べる、という一連の行動をひとつの「ブランド体験」とすると、それは「食べる前」からもうすでに始まっているんですね。

消費行動のあらゆるコンタクトポイントで「手を抜かない。」それによって小さな「エンゲージメント=共感」が積み重なり、最終的に「好き」になるワケです。

少なくともワタシはこのブランドのことが「さらに好き」になりました。

メーカーの皆さん、ぜひ参考にしましょう。

取材をさせていただきます。

取材希望の企業様はこちらからご連絡ください。

更新情報を
WEBプッシュでお届けします。

セルフ型アンケートサービス

Fastask

高品質なネットリサーチを圧倒的なスピードと次元の異なる低コストで。無料トライアル実施中。