アンケート調査票ラボ おすすめ 2016.04.19

第11回「タイトルバイアス」

今回は「タイトルバイアス」についてです。重要ですので早速見ていきましょう。

リサーチャー今回は「タイトルバイアス」について説明していきます。
マーケティング担当タイトルに対する先入観、ということでしょうか?
リサーチャーそのとおりです。ところで、スクリーニング調査は覚えていますか?
マーケティング担当はい。実際の調査を行う前に、母集団の中から、特定の条件に合致するサンプルを抽出するために行われる調査です。事前調査とかプレ調査と言われるものです。
リサーチャーよく覚えていましたね。そして、その事前調査(スクリーニング)のアンケートタイトルは、本調査の内容を「含まない」簡潔な記載が望ましいというのが、今回の話のポイントになります。
マーケティング担当それはなぜでしょうか?
リサーチャー例えば、事前調査のタイトルを『あなたの夕食のおかずとなる冷凍餃子に関するアンケート』とした場合、このタイトルから設問内容を推測することができそうですよね。
マーケティング担当なるほど。確かに。
リサーチャー興味がないから回答しない、自分には関係ないと思って解答しな場合や、本調査対象を類推して回答してしまう回答操作の可能性もあると思います。タイトルは付け方次第で、調査の正確性を低下させる要因になりかねません。
マーケティング担当では、この場合タイトルはどうすればいいんでしょうか?
リサーチャー1つは『食料品に関するアンケート』のように簡潔に大きな分類するということです。もう1つは『あなた自身に関するアンケート』のように内容が推測されないタイトルにすることです。これがタイトルバイアスを回避する方法になります。

タイトルバイアス

マーケティング担当『化粧品に関するアンケート』『保険に関するアンケート』『自動車に関するアンケート』『スマートフォンに関するアンケート』。このような感じですね?
リサーチャーその通りです。正しい調査結果を得るためにも、「タイトルバイアス」には注意するようにしましょう。
マーケティング担当はい。ありがとうございました。

更新情報を
WEBプッシュでお届けします。

セルフ型アンケートサービス

Fastask

高品質なネットリサーチを圧倒的なスピードと次元の異なる低コストで。無料トライアル実施中。