自主調査レポート 自主調査レポート
2020.03.18 295ページ 無料

人工知能(AI)&ロボット月次定点調査2019年総集編【トレンドトピック版】

AIスピーカー所有者の約半数が「ほぼ毎日利用」

7割が「商用ドローン」を認知するも、不安に思う人も多数

調査結果サマリー

 

2019年9月度調査において、「AIスピーカー」を所有している人※1のうち、「ほぼ毎日」利用している人51.8%、「週に2~3回程度」の人は20.2%、「週に1回程度」の人は13.2%でした。「ほぼ毎日」と答えた人の割合を男女別に見てみると、女性は66.7%に対し、男性は43.1%でした。AI スピーカーを持つ女性の7 割近くが日常生活の中に取り入れているようです。また、最も利用頻度が高い時間帯を挙げてもらったところ、「21時~22時台」が最も多く(17.5%)、次いで「19時~ 20時台」(16.5%)、「11時~ 12時台」(12.6%)でした。

※ 1 「Amazon Echo」「Google Home」「Clova Wave」のいずれかを所有していると答えた人。

■興味があるIoT家電は、1位「エアコン」、2位「スマートロック」、3位「AIスピーカー」

 

■約7割が「商用ドローン」を認知するも、不安に思う人も多数

 

■約半数が、ロボット活用で「病院の受付や会計の待ち時間の短縮」を期待

 

■約3割が、「AIの発達で、減る仕事と増える仕事は同じくらい」と予想

 

■AIスピーカーの所有率は、約1割

 

■所有者の約半数がAIスピーカーを「ほぼ毎日利用」。利用時間帯は「21時~22時台」

 

■約7割が、「AI関連サービスへの個人情報提供は不安」

 

■スマートフォンユーザーの半数以上が「ライフログアプリ」を認知

 

■約半数が、スマートフォンの「生体認証機能」を利用

 

■AI時代に備えて育むべきは、「発想力や想像力」

 

レポートには、まだまだこんなトピックスが!無料ダウンロードできます!

  • AIスピーカーのセキュリティはどの程度不安?
  • AIやロボット活用を希望する産業分野は?
  • AIの発達で人材不足が解消すると思う?

詳細資料ダウンロード無料

株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『動画&動画広告 月次定点調査(2020年2月度)』の結果を発表します。本調査は、17歳~69歳の男女1,100名を対象にしています。
また、集計データとしてまとめた全62ページの調査結果レポートを、「Marketing Research Camp」の自主調査レポートページ(https://marketing-rc.com/report/)から、無料でダウンロード提供します。

調査概要

調査名:『人工知能(AI)&ロボット月次定点調査』
調査期間: 2019年1月~2019年12月の間、毎月1回実施
調査対象: Fastaskのモニタのうち、17歳から69歳までを5歳ごとに、男女それぞれ50名ずつ
割り付けて回収(合計1,100名)。

今回調査した設問項目

・AI時代に学校や家庭教育で育むべきと思う能力について考えを教えてください。
・興味のあるIoT家電のジャンルを教えてください。
・商用ドローンを知っていますか。
・医療分野へのAI活用について期待することを教えてください。
・AIの発達に伴う、人間の仕事の増減について考えを教えてください。
・AIスピーカーの利用状況について教えてください。
(Google Home [Home Mini]/Clova Wave[Desk/Friends/Friends mini]/
Amazon Echo [Echo Show/Echo Plus/Echo Dot/Echo Spot] )
・AIスピーカーの利用頻度を教えてください。
・AI関連機器やサービス利用時の個人情報提供について考えを教えてください。
・スマートフォンのライフログアプリについて、利用状況を教えてください。
・スマートフォンの生体認証について、利用状況を教えてください。

No Image

調査担当者:編集長
マーケティングリサーチセクション

AIに関する研究や新しいサービスのローンチが活発になってきていることもあり、それらを活用したサービスの認知度や期待感は高まっています。AIスピーカーの所有率は全体で見るとまだ1割未満と少ないものの、利用者の半数以上は、ほぼ毎日利用しています。医療現場での活用に対する期待やIoT家電への興味の高まりなど、AIと消費者の距離は少しずつ縮まっているように見えます。

一方で、AI関連サービスに対する個人情報提供に対しては、約7割が不安を抱えており、年々増加傾向です。

AIやロボット関連サービスがより一層普及するためには、「ユーザーの安心感」が重要なキーワードになるといえそうです。

更新情報を
WEBプッシュでお届けします。

セルフ型アンケートサービス

Fastask

高品質なネットリサーチを圧倒的なスピードと次元の異なる低コストで。無料トライアル実施中。