おすすめマーケティング記事 おすすめマーケティング記事
2020.03.24 111ページ 無料

Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2020年2月度)

2月に、ECで5万円以上購入した人は、8.9%

利用するECサイト数が多いほど、CtoCサービスの利用率は高い

調査結果サマリー

2月中、ECで商品を購入した人に対して、その購入総額を聞いたところ、「1千円から5千円未満」と答えた人が最も多く(32.0%)、次いで「1万円から5万円未満」(30.3%)、「5千円から1万円未満」(25.7%)でした。「5万円以上」と答えた人は8.9%でした。
「5万円以上」と答えた人に、普段、商品を購入しているECサイト数を聞いたところ、「10サイト以上」と答えた人が最も多く(37.3%)、次いで「3から5サイト未満」「5から10サイト未満」(ともに、25.6%)でした。また、2月の全体支出総額に占めるEC購入総額の割合は「50.0%以上」と答えた人が最も多く(44.2%)、次いで「40~50%未満」(20.9%)だったことから、5万円以上の人は、全体支出総額が大きいのではなく、ECに対する依存度が高いことがわかりました。

■2月、ECで5万円以上使った人は、ECに対する依存度が高い

 

■最も商品購入につながるSNSは、「LINE」

 

■利用するECサイト数が多いほど、CtoCサービスの利用率は高い

 

■CtoCサービスの利用率は、「メルカリ」が首位

 

レポートには、まだまだこんなトピックスが!無料ダウンロードできます!

  • 普段利用するECサイト、10代では〇個?
  • 各種ECサイトの利用状況〇割
  • CtoCを利用する10代の〇割が「メルカリ」ユーザー

詳細資料ダウンロード無料

株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『動画&動画広告 月次定点調査(2020年2月度)』の結果を発表します。本調査は、17歳~69歳の男女1,100名を対象にしています。
また、集計データとしてまとめた全111ページの調査結果レポートを、「Marketing Research Camp」の自主調査レポートページ(https://marketing-rc.com/report/)から、無料でダウンロード提供します。

調査概要

調査名:『Eコマース&アプリコマース月次定点調査 (2020年2月度)』
調査期間 :2020年2月26日(水)~2月29日(土)
調査対象 :17歳~69歳の男女1,100名

今回調査した設問項目

・今月のEC利用状況を教えてください。
・今月のECでの購入金額を教えてください。
・今月の全体支出に占めるECの割合を教えてください。
・EC利用時に使用するデバイスを教えてください。
・スマートフォンで利用する際の方法について教えてください。
・各種ECサービスについて、利用状況を教えてください。
(楽天市場/Amazon/Yahoo!ショッピング/ベルメゾンネット/ヨドバシ・ドット・コム/ ディノス/ニッセン/
イトーヨーカドー/ポンパレモール/ZOZOTOWN/UNIQLO/SHOPLIST/BUYMA)
・普段、利用しているECサイトの数を教えてください。

No Image

リサーチャー

調査担当者:KM
マーケティングリサーチセクション

普段、私はAmazonを利用することが多いのですが、便利な反面ついつい買いすぎてしまうことがありますよね

最近ではAmazonのサイトで商品を閲覧したあとにLINEのトークに「あなたにおすすめ」とAmazonから関連商品のレコメンドが届き、ついつい衝動買いしてしまうことも増えてきたような。。

2月のEC定点ではこうした商品購入につながるSNSやECサイトの利用数と購入金額やCtoCサービスの利用率との関係などについて調査をしてみました。

ぜひ参考にしてください!

更新情報を
WEBプッシュでお届けします。

セルフ型アンケートサービス

Fastask

高品質なネットリサーチを圧倒的なスピードと次元の異なる低コストで。無料トライアル実施中。