自主調査レポート 自主調査レポート
2020.02.19 18ページ 無料

タピオカドリンクに関する実態調査

10代の約4割が、「今年も積極的に購入したい」

~2019年、「週1回以上、タピった」人が最も多かったのは「関東」~

調査結果サマリー

 

2019年にタピオカドリンクを購入したことがある人のうち、2020年もタピオカドリンクを「積極的に購入したい」と答えた人は25.1%でした。年代別に見てみると、10代(37.4%)、20代(33.5%)、30代(29.7%)、40代(13.7%)50代(9.1%)でした。10代の約4割、20代と30代の約3割は、今年も引き続き、タピオカドリンクを積極的に楽しみたいと思っているようです。

 

 

■2019年、10代と20代の4割以上が、「月に1回以上購入」

 

■2019年、「週1回以上、タピった」人が最も多かったのは「関東」

 

■約2割に、タピオカドリンクの注文まで、「30分以上」並んだ経験

 

レポートには、まだまだこんなトピックスが!無料ダウンロードできます!

  • 2020年、年初のタピオカドリンクの購入頻度は?
  • 2020年、年初のタピオカドリンクの待ち時間は?
  • 2019年に「卒タピ」した人はどれくらい?

詳細資料ダウンロード無料

株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『タピオカドリンクに関する実態調査』の結果を発表します。本調査は、事前調査でタピオカドリンク(タピオカティー・タピオカミルクティー)を飲んだことがあると回答した15歳~59歳の男女1,104名を対象にしています。
また、集計データとしてまとめた全18ページの調査結果レポートを、「Marketing Research Camp」の自主調査レポートページ(https://marketing-rc.com/report/)から、無料でダウンロード提供します。
 

調査概要

調査期間:2020年1月28日(火)~2月1日(土)
調査対象:事前調査でタピオカドリンク(タピオカティー・タピオカミルクティー)を飲んだことがあると回答した男女1,104名
調査方法:セルフ型ネットリサーチ Fastaskでのアンケート調査

 

今回調査した設問項目

・2019年のタピオカドリンク購入頻度を教えてください。
・2020年になってからのタピオカドリンク購入頻度を教えてください。
・2019年、タピオカドリンクを注文するまでに掛かった、最長の待ち時間を教えてください。
・2020年になってからのタピオカドリンクを注文するまでに掛かった、最長の待ち時間を教えてください。
・2020年も、タピオカドリンクを購入したいと思いますか。

No Image

リサーチャー

調査担当者:KM
マーケティングリサーチセクション

カフェにいると未だにタピオカを注文する人が多いようです。近所にはまたタピオカドリンクの店がオープンしました。

Googleトレンドでみるとさすがに夏と比べると低下傾向にありますが、これから夏に向けて再びトレンドあがるのかどうか?購入頻度などは地域や年齢によっても違うのか?

また、2019年「卒タピ(タピオカを卒業)」した人はいるのか?いるとしたらどれくらい?そんなタピオカの「今」を調査してみました!

更新情報を
WEBプッシュでお届けします。

セルフ型アンケートサービス

Fastask

高品質なネットリサーチを圧倒的なスピードと次元の異なる低コストで。無料トライアル実施中。