自主調査レポート 自主調査レポート
2017.11.30 86ページ 無料

人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2017年10月度)

企業の採用活動におけるAI活用に、約4割が「期待している」

約7割が、音声操作時、「機器が正しく認識してくれるか不安」

調査結果サマリー

 

企業の採用活動におけるAI活用に、約4割が「期待している」

 

企業の採用活動において、大量の書類選考を人間の人事担当が行うのではなく、AIを活用することについて、「とても期待している」人は13.3%、「どちらかというと期待している」人は28.5%で、合計で41.8%の人が期待していることがわかりました。一方、「まったく期待していない」人は6.0%、「あまり期待していない」人は16.0%でした。

 
企業の採用活動におけるAI活用に、約4割が「期待している」

 

約7割が、音声による機器操作時、正しく理解してくれるか不安

 

約6割が「保育士」、約3割が「塾講師」は、「将来、AIに置きかわらない」

 

半数以上が、「パイロット」「電車運転士」は「将来AIに置きかわると思う」

 

将来、AIに支援してほしい日常の作業1位は、「交通状況に応じた移動ルート選び」

 

レポートには、まだまだこんなトピックスが!無料ダウンロードできます!

  • 人前でなくても「音声」で機器を操作するのは恥ずかしい?
  • パイロットと客室乗務員、AIに置きかわってほしくないのはどっち?
  • 小学校教師と大学教授、AIに置きかわってほしくないのはどっち?

詳細資料ダウンロード無料

 株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『人工知能(AI)& ロボット 月次定点調査(2017年10月度)』の結果を発表します。本調査は、15歳~69歳の男女1,100名を対象にしています。
 また、集計データとしてまとめた全86ページの調査結果レポートを、「Marketing Research Camp」の自主調査レポートページ(https://marketing-rc.com/report/)から、無料でダウンロード提供します。

 

調査概要

2017年10月31日(火)~11月5日(日)
調査対象:15歳~69歳の男女1,100名
調査方法:セルフ型ネットリサーチ Fastaskでのアンケート調査

 

今回調査した設問項目

・人工知能(AI)という言葉をどの程度、知っていますか。
・人工知能(AI)を活用したサービスについて、利用状況を教えてください。
・人工知能(AI)を活用した自動運転車に期待していますか。
・医療現場への人工知能(AI)活用に対する考えを教えてください。
・人工知能(AI)を活用した音声アシスタントの利用状況を教えてください。
・人工知能(AI)を活用したスマートスピーカーの認知度を教えてください。
・音声による機器操作に対する考えを教えてください。
・教育関連の各職業が将来、人工知能に置きかわるかについて考えを教えてください。
(保育士/幼稚園教諭/ベビーシッター/小学校教師/中学校教師 など10職種)
・企業の人材採用における人工知能(AI)活用に対する考えを教えてください。

No Image

リサーチャー

調査担当者:KM
マーケティングリサーチセクション

大量のエントリーシートの確認などを人手ではなく、人工知能(AI)で行う企業も出てきているそうですね。これからまさに「新卒採用」のシーズン。企業の人事担当者はネコの手も借りたい時期だと思うので、適切なマッチングができるのであれば、いい話だと思います。私もときどき自分の部署の採用面接をすることがあるのですが、いい採用(=適切なマッチング)をしようと思うと、しっかりとエントリーシートを読み込み、事前準備をして商談(=面接)に臨む必要がありますよね。AIと人と、うまく連携ができるようになれば、「働き方」も自ずと変わってくるのかもしれませんね。人工知能定点調査10月度、ぜひ参考にしてください。

更新情報を
WEBプッシュでお届けします。

セルフ型アンケートサービス

Fastask

高品質なネットリサーチを圧倒的なスピードと次元の異なる低コストで。無料トライアル実施中。