自主調査レポート 自主調査レポート
2018.01.31 79ページ 無料

人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2017年12月度)

4人に1人が、商品・サービス名に「AIが付くと、購入してみたい」

7割以上が、「将来、気象予報士はAIに置きかわる」と回答

調査結果サマリー

 

4人に1人が、商品やサービス名に「AIが付いていると、購入してみたい」

 

「商品やサービスの名称に『AI』や『人工知能』という言葉が含まれると、購入してみたいと思う」人は24.5%でした(「あてはまる」と答えた人4.2%、「ややあてはまる」と答えた人20.3%)。また、「商品やサービスの名称に『AI』や『人工知能』という言葉があると、より興味がわく」と答えた人は、32.6%でした(「あてはまる」と答えた人6.3%、「ややあてはまる」と答えた人26.3%)。商品名やサービス名に「AI」「人工知能」と入っていると、惹かれる人もいるようです。
 
4人に1人が、商品やサービス名に「AIが付いていると、購入してみたい」

 

7割以上が、「将来、気象予報士はAIに置きかわる」と回答

 

約4割が「ウエディングプランナーはAIに置きかわってほしくない」

 

商品やサービス名に「AI」が付くと、約4割が「正確性がありそう」

 

レポートには、まだまだこんなトピックスが!無料ダウンロードできます!

  • AIでどんなことできるか説明できる10代は○割
  • スマートスピーカーの所有率が最も高い年代層は?
  • AIによる分析・提案はどの程度信頼できる?

詳細資料ダウンロード無料

 株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『人工知能(AI)& ロボット 月次定点調査(2017年12月度)』の結果を発表します。本調査は、15歳~69歳の男女1,100名を対象にしています。
 また、集計データとしてまとめた全79ページの調査結果レポートを、「Marketing Research Camp」の自主調査レポートページ(https://marketing-rc.com/report/)から、無料でダウンロード提供します。

 

調査概要

2017年12月31日(日)~1月4日(木)
調査対象:15歳~69歳の男女1,100名
調査方法:セルフ型ネットリサーチ Fastaskでのアンケート調査

 

今回調査した設問項目

・人工知能(AI)という言葉をどの程度、知っていますか。
・人工知能(AI)を活用したサービスについて、利用状況を教えてください。
・人工知能(AI)を活用した自動運転車に期待していますか。
・医療現場への人工知能(AI)活用に対する考えを教えてください。
・人工知能(AI)を活用した音声アシスタントの利用状況を教えてください。
・人工知能(AI)を活用したスマートスピーカーの認知度を教えてください。
・ホテルや旅行関連の各職業が、将来、人工知能に置きかわるかについて考えを教えてください。
(ホテルスタッフ/ウエディングプランナー/ツアーコンダクター/バスガイド/通訳など、7職種)
・動物や自然関連の各職業が、将来、人工知能に置きかわるかについて考えを教えてください。
(トリマー/獣医師/ブリーダー/調教師/動物飼育員/ペットシッターなど、9職種)
・AIというフレーズが商品やサービスの購入に与える影響を教えてください。

No Image

リサーチャー

調査担当者:KM
マーケティングリサーチセクション

2017年後半にちょっとしたブームとなった「AIスマートスピーカー」。2018年2月には、いよいよAppleの「HomePod」も発売予定(※米国のみ)となり、AI市場のさらなる盛り上がりが期待されます。将来的にはAI冷蔵庫やAI洗濯機、AIエアコンなど、家の中まるごと「AI家電」なんて日がやってくるのでしょう。個人的には、最近不摂生な食生活が続いているため、AI冷蔵庫が自分の健康状態を自動で認識してくれ、不足している栄養素を補うためのサプリメントや食材を自動的に注文しておいてくれたらとってもうれしいですね!皆さんはどんな商品やサービスにAIがついていたら使ってみたくなるでしょうか?調査ではAIを活用したサービスの利用状況などのデータも掲載していますので、ぜひ参考にしてください。

更新情報を
WEBプッシュでお届けします。

セルフ型アンケートサービス

Fastask

高品質なネットリサーチを圧倒的なスピードと次元の異なる低コストで。無料トライアル実施中。