自主調査レポート 自主調査レポート
2018.03.22 81ページ 無料

人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2018年2月度)

約6割が、AIスピーカー利用による「個人情報漏洩」に危機感

過半数が、AIによる利便性向上に「実感なし」

調査結果サマリー

 

約6割が、AIスピーカー利用による「個人情報漏洩」に危機感

 

AIスピーカーを知っている人に「AIスピーカー経由による、会話以外の個人情報の漏洩」について聞いたところ、58.4%の人が危機意識を持っていました。また、「クレジットカードなどの購入情報の漏洩による金銭的被害」は64.3%、「外部からのハッキングによる家電などの不正操作(乗っ取り)」は64.0%の人が危機意識を持っていると回答しました

※「危機感を持っている」「やや危機感を持っている」の合計。

 
約6割が、AIスピーカー利用による「個人情報漏洩」に危機感

 

過半数が、AIによる利便性向上に「実感なし」

 

家庭用ホビーロボットの購入意欲を持つ人は、1割強

 

約2割が、「コンビニエンスストアは、将来、すべて無人店舗になる」

 

レポートには、まだまだこんなトピックスが!無料ダウンロードできます!

  • 10代~20代はAIによる利便性をどの程度感じている?
  • スーパーや百貨店は「レジなし無人店舗」になると思う?
  • AIスピーカー利用時の「ハッキング」に危機感を感じている?

詳細資料ダウンロード無料

 株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『人工知能(AI) & ロボット 月次定点調査(2018年2月度)』の結果を発表します。本調査は、15歳~69歳の男女1,100名を対象にしています。
 また、集計データとしてまとめた全81ページの調査結果レポートを、「Marketing Research Camp」の自主調査レポートページ(https://marketing-rc.com/report/)から、無料でダウンロード提供します。

 

調査概要

2018年2月26日(月)~3月4日(日)
調査対象:15歳~69歳の男女1,100名
調査方法:セルフ型ネットリサーチ Fastaskでのアンケート調査

 

今回調査した設問項目

・人工知能(AI)という言葉をどの程度、知っていますか。
・人工知能(AI)を活用したサービスについて、利用状況を教えてください。
・人工知能(AI)を活用した自動運転車に期待していますか。
・医療現場への人工知能(AI)活用に対する考えを教えてください。
・人工知能(AI)を活用した音声アシスタントの利用状況を教えてください。
・人工知能(AI)を活用したスマートスピーカーの認知度を教えてください。
・飲食関連の各職業が将来、人工知能に置きかわるかについて考えを教えてください。
(栄養士/調理師/パティシエ/板前/シェフ/寿司職人など10職種)
・「家庭用ホビーロボット」の認知状況について教えてください。
・AIスピーカーのセキュリティについて教えてください。
・AIやロボット活用による「レジなし無人店舗」の実現性について考えを教えてください。
 (コンビニエンスストア/ドラッグストア/スーパー/レストラン・飲食店など16種)

No Image

リサーチャー

調査担当者:KM
マーケティングリサーチセクション

先日、「AIスピーカーが夜中に突然、不気味に笑いだす」というニュースを見ました。メーカーは修正中とのことですが、ちょっとコワイですよね。というわけで今回も引き続き「AIスピーカー」ネタです。TVCMや店頭での露出で認知度も上昇し、「友達は持っているよ」という人も多いのではないでしょうか?でもインターネットにつながった機器で心配なのはやっぱり「セキュリティ」。個人情報漏洩やハッキングなどに関する報道も見られます。さて、話題の「AIスピーカー」のセキュリティについては皆さんはどのように感じているのでしょうか?ぜひ参考にしてください。

更新情報を
WEBプッシュでお届けします。

セルフ型アンケートサービス

Fastask

高品質なネットリサーチを圧倒的なスピードと次元の異なる低コストで。無料トライアル実施中。