自主調査レポート 自主調査レポート
2015.04.07 33ページ 無料

2015年、企業のエイプリルフールコンテンツNo.1は「Googleマップ」

エイプリルフールコンテンツに関するアンケート

半数以上が企業のエイプリルフールコンテンツで「好感度があがる」

調査結果サマリー

2015年、企業のエイプリルフールコンテンツNo.1は、「Googleマップ」

企業がエイプリールフールである4月1日に冗談で創作した嘘のコンテンツを公開する「エイプリルフールコンテンツ」の中で、
ユーザーが2015年の1位と思ったコンテンツは「GoogleのGoogleマップ」(11.2%)でした。次いで、2位が「さかなクンのウィルスミス」(7.7%)、
3位が同率で「auの三太郎シリーズ映画化」(6.5%)と「日産自動車とニッセンのコラボレーション『ニッセン自動車』」(6.5%)でした。

エイプリルフールグラフ

半数以上が、企業のエイプリルフールコンテンツで、「好感度があがる」

エイプリルフールコンテンツを見た5人に1人は「Twitterで拡散」

最もインパクトがあったエイプリルフールコンテンツは、「ニッセン自動車」

約2割がエイプリルフールコンテンツは「積極的にやるべき」

 

詳細資料ダウンロード無料

 

株式会社ジャストシステムは、2015年4月3日(金)~4月5日(日)まで、「エイプリルフールコンテンツに関するアンケート」を実施いたしました。詳細をまとめた全33ページの調査結果レポートをダウンロード提供いたします。

調査概要

実施期間:2015年4月3日~4月5日
調査対象:600サンプル
調査方法 :セルフ型ネットリサーチ Fastaskでのアンケート調査

今回調査した設問項目

企業がエイプリルフールに毎年「ウソ(創作)」のコンテンツを公開することを知っていますか。
今年の企業のエイプリルフール用コンテンツにどのようなかたちで接触しましたか。
今年の企業のエイプリルフール用コンテンツを実際に見ましたか。
あなたが見たエイプリルフール用コンテンツを教えてください。
最もインパクトがあったものを教えてください。
最もおもしろいと感じたものを教えてください。
最もばかばかしいと感じたものを教えてください。
総合的に見て、No.1だと思うものを教えてください。
エイプリルフール用コンテンツへの取り組みについて、どのような印象を持ちますか?
どのようなエイプリルフール用コンテンツを期待しますか?
エイプリルフール用コンテンツを見た際の拡散について教えてください。

No Image

hi

調査担当者:HI
マーケティングリサーチセクション

毎年企業がそれなりの予算と時間をかけて、ユニークな取り組みで市場を賑わわせる「エイプリルフール」。実際のところ、消費者にはどんな風に見えているんだろう?という疑問から生まれた調査です。結果としては、エイプリルフールのコンテンツで「好感度が上がる」ということになり、また「積極的にやるべき」という回答も得られ、やはり取り組むメリットがあるイベントだなと感じました。こちらも毎年定期的に行っていければと考えています。来年はどんなコンテンツが話題をさらうのか、楽しみですね。

更新情報を
WEBプッシュでお届けします。

セルフ型アンケートサービス

Fastask

高品質なネットリサーチを圧倒的なスピードと次元の異なる低コストで。無料トライアル実施中。