自主調査レポート 自主調査レポート
2013.04.03 24ページ 無料

3割の利用者は「解約したいのに、まだ解約できていないサービスがある」

Webサービスの月額課金に関する調査

16.0%の利用者は「500円以上」のサービスでも、新規加入に抵抗はない

調査結果サマリー

4人に1人は、「月に一度も利用しない」のに、契約を継続中

セルフ型ネットリサーチ「Fastask」にて調査を行ったところ、パソコン、スマートフォン、携帯電話を使って閲覧・利用する月額課金サービスの契約の有無について聞いたところ、44.8 %の人が何らかのサービスを契約中であることが分かりました。しかし、そのうちの 4 人に 1 人( 24.5 %)は、月額利用料を支払っているにもかかわらず、「月に一度も利 用していないサービスを契約中」であることが分かりました。

月額課金グラフ

3割は、「解約したいのに、解約できていないサービスがある」

解約できていない理由は、「少額のため、つい後回し」が7割

利用の見直し・解約のきっかけは、7割が「利用料金の値上げ」

新規加入に抵抗がない金額は、5割が「300円未満」の一方、16.0%は「500円以上」でも可

 

詳細資料ダウンロード無料

 

株式会社ジャストシステムは、20代~50代の男女2,400人を対象に「Webサービスの月額課金に関する調査」を実施しました。詳細をまとめた全24ページの調査結果レポートをダウンロード提供いたします。

調査概要

実施期間:2013年3月27日(金)
調査対象:Fastaskモニタのうち、20歳~59歳の男女2,400名
調査方法:セルフ型ネットリサーチ Fastaskでのアンケート調査

 

今回調査した設問項目

現在、パソコンやスマートフォン、携帯電話を使って閲覧・利用する月額課金サービスを利用していますか。
現在、加入されている月額課金サービスの総数はいくつですか。
現在、利用している月額課金サービスで、月に一度も利用していないサービスはありますか。
現在、加入している月額課金サービスのうち、退会(解約)を検討したが、まだ退会(解約)できていないものがありますか。
退会できていない理由について、教えてください。
月額課金サービスの利用の見直しや退会するきっかけを教えてください。
新しい月額課金サービスの加入を検討の際の心境を教えてください。
新しい月額課金サービスの加入を検討の際、抵抗のない月額料金の上限はいくらですか。
新しい月額課金サービスの加入を検討の際、既に加入しているサービスの中止を検討しますか。
現在加入している月額課金サービスの1ヵ月の合計金額は、可処分所得のうちどのくらいの割合を占めていますか。
現在加入している月額課金サービスをすべて教えてください。
加入を検討している月額課金サービスはありますか。そのサービスの種類を教えてください。

No Image

リサーチャー

調査担当者:KM
マーケティングリサーチセクション

さまざまなWEBサービスが「サブスクリプション型」つまり月額課金型のビジネスモデルを採択しています。ストック型になるため売り上げが安定して見込めるというのが大きな魅力だと思います。私自身もAmazonプライムやYahoo!プレミアムなどの月額課金サービスに登録しています。金額が数百円と安いこともあり、特に抵抗もなく加入しました。ただ、実際に有効活用しているかというとなんとも言えません。かといって面倒くさい(わざとそうしているような)手続きを踏んで解約するほどの金額でもない、実に絶妙な価格設定だと思わざるを得ません。今回はそのような月額課金サービスにつて、独自の視点から掘り下げてみました。

更新情報を
WEBプッシュでお届けします。

セルフ型アンケートサービス

Fastask

高品質なネットリサーチを圧倒的なスピードと次元の異なる低コストで。無料トライアル実施中。