自主調査レポート 自主調査レポート
2014.11.21 76ページ 無料

6割以上が、「最寄り駅までの経路/時間がわかる機能」が利用の後押しになる

20代の住まい探しは「PCとスマートフォンの併用」が約4割

利用率が高い賃貸情報サービスは、1位「SUUMO」、2位「CHINTAI」、3位「HOME'S」

調査結果サマリー

20代の住まい探しは「PCとスマートフォンの併用」が約4割

インターネットの賃貸情報サービスを利用する端末として最も多かった回答は「PCでよく利用する」(62.0%)、
次いで「PCとスマートフォンでよく利用する」(26.2%)、「スマートフォンでよく利用する」(10.4%)でした。
また、「PCとスマートフォンでよく利用する」と回答した人の割合は20代が他の世代に比べて高く、20代男性、女性それぞれで45.9%、40.0%でした。

家探しグラフ

60%以上が「最寄り駅までの経路/時間がわかる機能」が利用の後押しになる

利用率が高い賃貸情報サービスは、1位「SUUMO」2位「CHINTAI」3位「HOME’S」

20代男性の3人に1人が、「今後、スマートフォンアプリを積極的に利用したい」

33.1%が「掲載物件数が多そうなイメージ」で賃貸情報サービスを選ぶ

 

詳細資料ダウンロード無料

 

株式会社ジャストシステムは、2014年11月14日(金)~11月17日(月)まで、「賃貸情報サービスに関するアンケート」を実施いたしました。詳細をまとめた全76ページの調査結果レポートをダウンロード提供いたします。

調査概要

実施期間:2014年11月14日~11月17日
調査対象:800サンプル
調査方法 :セルフ型ネットリサーチ Fastaskでのアンケート調査

今回調査した設問項目

住まい探しにおけるインターネットの賃貸情報サービスの利用について、あてはまるものを選んでください。
賃貸情報サービスを最も利用する端末について、あてはまるものを選んでください。
PCでよく利用する一番の理由は何ですか?
スマートフォンをよく利用する一番の理由は何ですか?
PCとスマートフォンでよく利用する一番の理由は何ですか?
利用する賃貸情報サービスにおいて、あてはまるものを選んでください。
利用する賃貸情報サービスにおいて、使い始めた一番のきっかけは何ですか?
利用する賃貸情報サービスにおいて、使い続けている一番の理由は何ですか?
今後、新しい賃貸情報サービスの利用を検討する場合、利用の後押しになるような機能があれば選んでください。

No Image

hi

調査担当者:HI
マーケティングリサーチセクション

私は実際に引っ越しの予定はないにも関わらず、賃貸情報アプリでマンションの情報を探すことが日課になっていたので、他の方はどのように住まい探しをしているのだろう、という疑問から調査をしようと考えました。どんな利用形態が多いのか、どのサービスが人気があるのか、サービスを選ぶ決めて、などについて掘り下げて調査をしています。調査結果では、20代は「PCとスマートフォン」の併用が多いことがわかりました。物件情報はアプリなどで行い、周辺情報などの詳しい情報をPCで調べる、などの利用形態が想像できそうです。

更新情報を
WEBプッシュでお届けします。

セルフ型アンケートサービス

Fastask

高品質なネットリサーチを圧倒的なスピードと次元の異なる低コストで。無料トライアル実施中。