自主調査レポート 自主調査レポート
2017.06.08 89ページ 無料

Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2017年5月度)

「再配達問題」を知らなかった10代は3人に1人、20代は5人に1人

「1回目の配達で受け取れば、ポイント付与」サービスで、再配達は減る

調査結果サマリー

 

10代の3人に1人、20代の5人に1人が、「再配達問題を知らなかった」

 

ECサイト(または、アプリ)で購入した商品の再配達が多いことが問題となっていることについて、「報道内容をよく知っていて、他者にも説明できる」人は49.1%、「報道内容を知っているが、他者に説明できるほどではない」人は25.8%でした。一方で、「全く知らなかった」人も17.4%いました。その割合は年齢が若いほど高く、10代が30.0%、20代が20.0%、30代が18.5%、40代が17.5%、50代が13.0%、60代が11.5%でした。

 
10代の3人に1人、20代の5人に1人が、「再配達問題を知らなかった」

 

5月は、Eコマース利用者の4割超が、ネット購入に1万円以上

 

再配達につながると思うサービスは、「1回目の配送で受け取れたら、ポイント加算」

 

20代の4人に1人が、「母の日」の贈り物をECサイトで購入

 

「Amazon Dash Button」の利用者は5.6%、認知者は43.2%で、昨年12月から横ばい

 

株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2017年5月度)』の結果を発表します。本調査は、15歳~69歳の男女1,100名を対象にしています。
 また、集計データとしてまとめた全89ページの調査結果レポートを、「Marketing Research Camp」の自主調査レポートページ(https://marketing-rc.com/report/)から、無料でダウンロード提供します。

 

調査概要

2017年5月31日(水)~6月5日(月)
調査対象:15歳~69歳の男女1,100名
調査方法:セルフ型ネットリサーチ Fastaskでのアンケート調査

 

今回調査した設問項目

・今月のEコマースの利用状況を教えてください。
・今月のEコマースでの購入金額を教えてください。
・Eコマース利用の際に使用するデバイスを教えてください。
・各種ECサービスについて利用状況を教えてください。
 (楽天市場/Amazon/Yahoo!ショッピング/ベルメゾンネット/ヨドバシカメラドットコム/
  ディノス/ニッセン/イトーヨーカ堂/ポンパレモール/ZOZOTOWN)
・Eコマース利用時の受け取り方法を教えてください。
・利用しているECサイト(アプリ)からの通知方法を教えてください。
・「母の日」の贈り物はどうしましたか。
・ECサイト(アプリ)で購入した商品の「再配達」が多いことを問題だと思いますか。
・Amazon Dash Buttonの認知状況について教えてください。

No Image

TS

調査担当者:TS
マーケティングリサーチセクション

「Eコマース&アプリコマース月次定点調査」の2回目です。 定常的な項目に加えて、今回は「再配達問題」や「母の日」のプレゼントなどについても、アンケートを行いました。昨今、大きく報道されている「再配達問題」ですが、年齢が若い人ほど認知度が低く、全体でも2割近くの人が知らなかったようです。 ちなみに私自身は報道後、なるべくまとめて購入して注文回数を減らしたり、確実に受け取れる日時を指定して買い物をしたりしています。一利用者として、これからもECの恩恵にあずかるために、できる範囲で配慮していきたいと思っています。

更新情報を
WEBプッシュでお届けします。

セルフ型アンケートサービス

Fastask

高品質なネットリサーチを圧倒的なスピードと次元の異なる低コストで。無料トライアル実施中。