自主調査レポート 自主調査レポート
2017.10.18 111ページ 無料

Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2017年8月度)

Instagram利用者の約半数は、「商品購入ボタンを使ってみたい」

4人に3人が“かご落ち”の経験あり。目的は「備忘録」「比較」

調査結果サマリー

 

Instagram利用者の約半数は、「商品購入ボタンがあったら、使ってみたい」

 

SNSを週1回以上利用する人のうち、ECサイト運営主(企業アカウント)からのSNS投稿をきっかけに商品を購入した経験がある人は38.2%でした。
 また、「Instagram」利用者のうちの47.6%、「Twitter」利用者のうちの41.6%が、利用しているSNS上に「商品購入ボタンが設置されたら、使ってみたい」と考えていることがわかりました

※「ぜひ使ってみたい」「どちらかというと使ってみたい」の合計。

 
Instagram利用者の約半数は、「商品購入ボタンがあったら、使ってみたい」

 

4人に3人が“かご落ち”の経験あり。カートインの目的は「備忘録」「比較検討」

 

最も好印象な梱包は、「商品に見合う大きさの箱や袋」

 

「メルカリ」認知者の5人に1人が出品中

 

9月のEC利用者は37.1%で、前月を下回る

 

株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2017年9月度)』の結果を発表します。本調査は、15歳~69歳の男女1,100名を対象にしています。
 また、集計データとしてまとめた全111ページの調査結果レポートを、「Marketing Research Camp」の自主調査レポートページ(https://marketing-rc.com/report/)から、無料でダウンロード提供します。

 

調査概要

2017年9月29日(金)~10月6日(金)
調査対象:15歳~69歳の男女1,100名
調査方法:セルフ型ネットリサーチ Fastaskでのアンケート調査

 

今回調査した設問項目

・今月のEC利用状況を教えてください。
・今月のECでの購入金額を教えてください。
・EC利用の際に使用するデバイスを教えてください。
・各種ECサービスについて利用状況を教えてください。
 (楽天市場/Amazon/Yahoo!ショッピング/ベルメゾンネット/ヨドバシカメラドットコム/ディノス/ニッセン/イトーヨーカ堂/ポンパレモール/ZOZOTOWN)
・EC利用時の受け取り方法を教えてください。
・利用しているECサイト(アプリ)からの通知方法を教えてください。
・ECで購入する際に参考にする情報のうち、最も購入の後押しになるものを教えてください。
・SNS上に商品購入ボタンが設置されていたら、使ってみたいと思いますか。
・「個人間商品取引(CtoCサービス)」載りよう状況を、出品/購入に分けて教えてください。
・ECで商品購入した際、良い印象を受けた梱包について教えてください。

No Image

TS

調査担当者:TS
マーケティングリサーチセクション

今回は、「CtoCサービス」「カゴ落ち」「梱包」「コンテクスチュアルコマース」についても聞きました。 CtoCサービスで最も認知度が高いのは「ヤフオク!」でしたが、認知者の出品割合は「メルカリ」のほうが高い結果となりました。 梱包については、男女問わず「商品に見合った箱や袋での配送」が最も好まれていましたが、女性に限っては「手紙入りなど、ショップとのつながりが感じられる」ものも好感度が高いようです。 なお、私自身は気に入った商品はカートにひととおり入れておき、その後冷静に考える期間が必要なので、必然的にカゴ落ちする割合が高いです。でも一般的にはカートに入れたものを基本的に購入する人のほうが多いようで、意外でした。

更新情報を
WEBプッシュでお届けします。

セルフ型アンケートサービス

Fastask

高品質なネットリサーチを圧倒的なスピードと次元の異なる低コストで。無料トライアル実施中。