自主調査レポート 自主調査レポート
2018.01.18 104ページ 無料

Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2017年12月度)

ビットコインの認知度は、男性が約6割、女性が約4割

昨年末のセールで、最も認知されていたのは「楽天スーパーSALE」

調査結果サマリー

 

ビットコインの認知度は、男性が約6割、女性が約4割

 

インターネット上で使える仮想通貨であるビットコインを「所持している」人は5.6%、「知っているが、所持していない」人は43.7%で、49.3%(男性は57.4%、女性は41.2%)が認知していました。
 現在、ビットコインを所持していない人のうち、今後ビットコインを利用してみたいと回答した人の割合は、10代が35.6%、20代が25.7%、30代が17.1%、40代が12.0%、50代が7.7%、60代が3.0%で、若年層ほど利用意欲が高いことがわかりました。

※「ぜひ利用してみたい」「どちらかというと利用してみたい」の合計。

 
ビットコインの認知度は、男性が約6割、女性が約4割

 

昨年末のECセールで、最も認知されていたのは「楽天スーパーSALE」

 

「ライブコマース」の認知度は約3割

 

ふるさと納税ポータルの利用率は、1位「ふるさとチョイス」、2位「さとふる」、3位「楽天」

 

3人中1人が、「スキルシェアリングサービス」を認知

 

株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2017年12月度)』の結果を発表します。本調査は、15歳~69歳の男女1,100名を対象にしています。
 また、集計データとしてまとめた全104ページの調査結果レポートを、「Marketing Research Camp」の自主調査レポートページ(https://marketing-rc.com/report/)から、無料でダウンロード提供します。

 

調査概要

2017年12月28日(木)~2018年1月4日(木)
調査対象:15歳~69歳の男女1,100名
調査方法:セルフ型ネットリサーチ Fastaskでのアンケート調査

 

今回調査した設問項目

・今月のEC利用状況を教えてください。
・今月のECでの購入金額を教えてください。
・EC利用の際に使用するデバイスを教えてください。
・各種ECサービスについて利用状況を教えてください。
 (楽天市場/Amazon/Yahoo!ショッピング/ベルメゾンネット/ヨドバシカメラドットコム/ディノス/ニッセン/イトーヨーカドー/ポンパレモール/ZOZOTOWN)
・EC利用時の受け取り方法を教えてください。
・利用しているECサイト(アプリ)からの通知方法を教えてください。
・ECで購入する際に参考にする情報のうち、最も購入の後押しになるものを教えてください。
・「ふるさと納税」の経験有無を教えてください。
・今後の「ライブコマース」視聴意欲を教えてください。
・今後の「ビットコイン」利用意欲を教えてください。
・「スキルシェアリングサービス」を知っていますか。

No Image

TS

調査担当者:TS
マーケティングリサーチセクション

私は、12月に例年開催されるECの大型セールを結構楽しみにしています。 といっても、この時期はあまり商品購入はせず、どんな商品が展開されているのかチェックするのが目的で、いわゆるウインドウショッピング感覚でアクセスしているように思います。 他の皆さんはどのような感じなのか気になりましたので、そういった点も設問に加えました。 12月は「ビットコイン」や「ふるさと納税」なども、良く耳にするキーワードでした。 そういったトレンドワードに対する認知度や利用状況、利用意欲などについて、今後もタイムリーに調査していきたいと思っています。

更新情報を
WEBプッシュでお届けします。

セルフ型アンケートサービス

Fastask

高品質なネットリサーチを圧倒的なスピードと次元の異なる低コストで。無料トライアル実施中。