自主調査レポート 自主調査レポート
2019.04.18 119ページ 無料

Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2019年3月度)

10~30代が利用するCtoCサービスは「メルカリ」、40~60代は「ヤフオク!」

若年層で、「化粧品やファッション系サブスクEC」利用率が増加

調査結果サマリー

 

10~30代が利用するCtoCサービスは「メルカリ」、40~60代は「ヤフオク!」

現在、最も利用されているCtoC(個人間商取引)サービスを年代別に調べたところ、10代、20代、30代は「メルカリ」(10代:48.3%、20代:62.8%、30代:51.9%)、40代、50代、60代は「ヤフオク!」でした(40代:52.6%、50代:48.1%、60代:68.8%)。
 また、物品の販売に利用したことがあるCtoCサービスに限ってみた場合でも、10代、20代、30代は「メルカリ」を挙げた人が最も多く(10代:73.6%、20代:69.6%、30代:66.7%)、40代、50代、60代は「ヤフオク!」でした(40代:66.1%、50代:77.8%、60代:63.8%)。
※複数回答あり。

 
fa_report-ecmonth-20190418.pdf-000114

 

■若年層で、「化粧品やファッション系サブスクEC」利用率が増加

 

■ハイブランド商品の購入は、約2割が「スマホアプリ」で

 

■「UNIQLOアプリ」を最も利用しているのは、50代

 

レポートには、まだまだこんなトピックスが!無料ダウンロードできます!

  • ハイブランド商品を「中古で買うことが多い」人はどれくらい?
  • サブスク型EC、最も利用率が高いのは〇〇〇
  • 20代のBUYMA利用率は〇割

詳細資料ダウンロード無料

株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2019年3月度)』の結果を発表します。本調査は、17歳~69歳の男女1,100名を対象にしています。
 また、集計データとしてまとめた全119ページの調査結果レポートを、「Marketing Research Camp」の自主調査レポートページ(https://marketing-rc.com/report/)から、無料でダウンロード提供します。
 

調査概要

調査期間:2019年3月19日(火)~3月25日(月)
調査対象:Fastaskのモニタのうち、17歳~69歳の男女1,100名
調査方法:セルフ型ネットリサーチ Fastaskでのアンケート調査

 

今回調査した設問項目

・今月のEC利用状況を教えてください。
・今月のECでの購入金額を教えてください。
・今月の支出全体に占めるECの割合を教えてください。
・EC利用の際に使用するデバイスを教えてください。
・スマートフォンで利用する際の方法について教えてください。
・各種ECサービスについて利用状況を教えてください。
(楽天市場/Amazon/Yahoo!ショッピング/ベルメゾンネット/ヨドバシ・ドット・コム/ディノス/ニッセン/イトーヨーカドー/ポンパレモール/ZOZOTOWN)
・ハイブランド商品の購入方法について教えてください。
・ハイブランド商品を購入する場所や機器について教えてください。
 (リアル店舗/パソコンのインターネット/スマートフォンのインターネット/スマートフォンのアプリ/カタログ通販)
・サブスクリプション型ECの利用状況について教えてください。
 (化粧品やファッションアイテム/生活雑貨や消耗品/飲料水・食品/ペットフードやペット雑貨/サプリメント)

No Image

TS

調査担当者:TS
マーケティングリサーチセクション

先日エレベーターで一緒になった若者がこんな話をしていました。

「あのスニーカーいいよね。」
「だよね。メルカリで買おうかな。」
「また?買いすぎじゃない?」
「いいのいいの、メルペイにポイントあるから。またどうせ売るし。」

ほうほう。どうやら、若者の間では「メルカリで売って、またメルカリで買う」という消費サイクルがある程度浸透してそうです。

そんな「気づき」から調査をしてみました!
他にもハイブランド商品ってどこで買うか、注目のサブスク型ECなどについても調査しています。ぜひ参考にしてください!

更新情報を
WEBプッシュでお届けします。

セルフ型アンケートサービス

Fastask

高品質なネットリサーチを圧倒的なスピードと次元の異なる低コストで。無料トライアル実施中。