自主調査レポート 自主調査レポート
2012.11.15 12ページ 無料

約4割の方が「“高い技術力”や“匠のわざ”だけでは競争に勝てない」

国内家電メーカーの業績不振に対する意識調査

メイド・イン・ジャパンに強い危機感 「このままでは日本経済の国際競争力が著しく低下する」57.0%

調査結果サマリー

「顧客の価値観を理解できるよう開発、宣伝、マーケティングの担当者、さらには管理職まで販売の現場を経験するべきだ。」と思うのは57.3%

「市場のニーズにあった技術ではなく、メーカー・ブランド側の都合で技術を押しつけられている印象がある。」と思うのは53.4%

「「エコ」や「スマホ」などキーワード優先でものづくりが企画されてきたため、顧客が望んでいないような、機能性が超過した製品があふれている。」と思うのは59.4%

「直販店網を築き、そのメーカーのことが大好きで働くことに誇りを持つ販売員を雇うべきだ。」と思うのは55.3%

 

詳細資料ダウンロード無料

 

株式会社ジャストシステムは、全国の15歳から59歳の男女を対象に、「国内家電メーカーの業績不振に対する意識調査」を実施しました。詳細をまとめた全12ページの調査結果レポートをダウンロード提供いたします。

調査概要

実施期間:2012年11月6日(火)~11月7日(水)
調査対象:Fastaskモニタのうち、企業などにお勤めの男女1,000名
調査方法:セルフ型ネットリサーチ Fastaskでのアンケート調査

 

今回調査した設問項目

現在、あなたのご自宅にある家電製品やエレクトロニクス製品のメーカー・ブランドを教えてください。
あなたが好きなメーカー・ブランドを教えてください。
あなたの家電製品の購入に関するお気持ちをお聞かせください。
あなたの家電製品購入時における選考基準についてお気持ちをお聞かせください。
日本の家電製品やエレクトロニクス製品のメーカー・ブランドに関連して、あなたのご意見をお聞かせください。

No Image

リサーチャー

調査担当者:KM
マーケティングリサーチセクション

国内家電メーカーの業績不振のニュースが相次いで報道されています。フラットに見ると、業績不振のメーカーがある一方、業績を伸ばしているメーカーも存在します。その差はいったい何なのでしょうか?グローバルな競争力が求められる現在、国内家電メーカーはどのようにして競争力を養っていけば良いのでしょうか?10代から50代の幅広い年齢層に対して、国内家電メーカーに対する印象や意見を聞いてみました。その中には「エコ」や「スマホ」などキーワード優先でものづくりが企画されてきたため、顧客が望んでいないような機能性が超過した製品があふれている、など厳しい意見も聞いています。ぜひ参考にしていただければと思います。

更新情報を
WEBプッシュでお届けします。

セルフ型アンケートサービス

Fastask

高品質なネットリサーチを圧倒的なスピードと次元の異なる低コストで。無料トライアル実施中。