自主調査レポート 自主調査レポート
2015.12.24 18ページ 無料

主な情報源は「スマートフォンアプリ」と、4人に1人が回答

2015年、マーケティング担当者が最も注目したキーワードは?

マーケティング担当者のFacebook利用率が激減

調査結果サマリー

2015年、マーケティング担当者が最も注目したキーワードは「ビッグデータ」

マーケティング担当者が、2015年に最も注目したキーワードは「ビッグデータ」(19.0%)でした。次いで、「LINE」(17.0%)、「Instagram」(12.5%)、「定額制動画視聴サービス」(12.5%)でした。
また、今後注目したいキーワードは、「IoT」(21.0%)、「Instagram」(19.5%)、「ウェブ接客」(19.5%)、「ビッグデータ」(19.5%)、「動画広告」(18.5%)で、「ビッグデータ」「Instagram」は2015年に引き続き、2016年もマーケティング担当者が注目するキーワードのようです。

アプリコマースグラフ

主な情報源は「スマートフォンアプリ」と、4人に1人が回答

マーケティング担当者のFacebook利用率が、6割から3割に激減

注目媒体1位は「インターネット(PC)」、2位「スマートフォン」、3位「テレビ」

「コンテンツマーケティング」は、4人に1人が興味

 

詳細資料ダウンロード無料

 

株式会社ジャストシステムは、セルフ型アンケートサービス「Fastask(ファストアスク)」を利用して、事前のスクリーニング調査で「企画、マーケティング、広報、販売促進、市場調査・分析(リサーチ)の職種に従事している」と回答した全国の20代~60代の男女200名を対象に、『マーケティングトレンドに関する調査』を実施しました。
男女別、年齢別のクロス集計データとしてまとめた全18ページの調査結果レポートを「Marketing Research camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」自主調査レポートページ(https://marketing-rc.com/report/)からダウンロード提供します。

調査概要

2015年12月18日(金)~12月21日(月)
調査対象:200サンプル
調査方法 :セルフ型ネットリサーチ Fastaskでのアンケート調査

今回調査した設問項目

主な情報源について教えてください。
(テレビ/ラジオ/新聞(電子版を除く)/本、雑誌(電子版を除く)/WEBサイト(電子版の新聞・本・雑誌を含む)/イベント・セミナー/友人、知人/取引先/同僚、上司、後輩/スマートフォンアプリ)
よく読む雑誌について教えてください。
よく閲覧するWEBサイトについて教えてください。
広告媒体への意識について教えてください。
一日の中で最も接触している広告媒体について教えてください。
SNSの利用状況について教えてください。
ブログや自分のサイトにおける情報発信の状況について教えてください。
スマートフォンアプリの利用状況について教えてください。
ニュース系アプリの利用状況について教えてください。
コンテンツマーケティングの取り組み状況について教えてください。
オウンドメディアの取り組み状況について教えてください。
2015年のトピックであなたが最も気になったものを教えてください。
2015年に気になったマーケティングワードについて教えてください。

No Image

リサーチャー

調査担当者:KM
マーケティングリサーチセクション

2015年もいろいろな出来事がありました。ビッグデータやDMPなど「情報」にフォーカスしたテクノロジーに関するニュースがメディアにあふれました。個人的には、Instagramの躍進、それとGoogleのモバイルフレンドリーが大きなニュースです。スマートフォンが「当たり前」になり、消費者の意思決定要因が変化する中、モバイルでのコミュニケーション方法はとても重要な課題だと思います。SNSはそういう意味では消費者とよりリレーションシップを構築できる可能性のあるメディアだと思います。それともうひとつはコンテンツマーケティング。これからの広告のあり方、を考えさせられた1年でした。マーケティングの今を切り取った調査です。ぜひ参考にしてください。

更新情報を
WEBプッシュでお届けします。

セルフ型アンケートサービス

Fastask

高品質なネットリサーチを圧倒的なスピードと次元の異なる低コストで。無料トライアル実施中。