自主調査レポート 自主調査レポート
2017.01.18 47ページ 無料

20~40代に聞いた!「老後のライフプラン調査」

「100歳人生」は、老後のライフプランを持つ就労者の約半数が想定

40代の「老後も働きたい」に対し、20~30代は「別の方法での収入も検討」

調査結果サマリー

 

「100歳人生」は、老後のライフプランを持つ就労者の約半数が想定

 

2015年現在、日本人の平均寿命は、男性80.79歳、女性87.05歳ですが、20~40代の就労者のうち、老後のライフプランを立てている人の割合は32.6%で、年代別に見ると、20代は33.4%、30代は38.9%、40代は25.7%でした。
また、そのうちの44.2%が「今後の平均寿命の伸びによって、100歳前後まで生きることも想定して、ライフプランを検討している」と回答しました。

ライフプラングラフ

 

40代の「老後も働きたい」に対し、20~30代は「別の方法で収入を得ることも検討」

 

老後も働き続けるために習得したい知識は、1位「語学」、2位「経営戦略」「会計・財務・経理」

 

4割超が、「今後、AIにより、65歳以上の人も働きやすくなることに期待」

 

レポートには、まだまだこんなトピックスが!無料ダウンロードできます!

  • 老後はどうやって働きたい?
  • 専業主婦は老後の働き方をどう考えてる?
  • 老後のライフプランを考えていない理由は何?

詳細資料ダウンロード無料

 

株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『老後のライフプラン調査』結果を発表します。本調査は、20~40代の男女1,101名を対象にしています。
また、集計データとしてまとめた全47ページの調査結果レポートを、「Marketing Research Camp」(https://marketing-rc.com/report/)から、無料でダウンロード提供します。

調査概要

2017年1月13日(金)~1月16日(月)
調査対象:20~40代の男女1,101名
調査方法:セルフ型ネットリサーチ Fastaskでのアンケート調査

 

今回調査した設問項目

 

老後のライフプランを考えたことがありますか。
「AI(人工知能)」の活用で、高齢者が働きやすくなることが期待できますか。
(老後のライフプランがある就労者)
老後のライフプランを教えてください。
老後、どのように働きたいと思っていますか。
老後も働くために、今後習得したい知識は何ですか。
100歳前後まで生きることを想定して、ライフプランを検討していますか。
(老後のライフプランがない就労者)
老後のライフプランを考えていない理由を教えてください。
(現在就労していない、専業主婦・主夫や無職の人)
今後働いて、収入を得たいと考えていますか。
今後、どのような働き方をしたいと考えていますか。

No Image

TS

調査担当者:TS
マーケティングリサーチセクション

年末年始休暇中に、話題の書籍「LIFE SHIFT(ライフシフト)100年時代の人生戦略」を読みました。老後に対する漠然とした不安はあったものの、具体的なライフプランに落とし込んでいなかった自分自身を反省するとともに、これから先の人生について本格的に考える時期が来たと痛感しています。世の中の皆さんはいかがでしょうか?そんな疑問から、まずは現状を把握するための調査をしました。少子高齢化、労働者不足、AI(人工知能)は、今年も見聞きしそうなキーワードをまじえ、ライフプランの調査は今後も継続したいと想っています。

更新情報を
WEBプッシュでお届けします。

セルフ型アンケートサービス

Fastask

高品質なネットリサーチを圧倒的なスピードと次元の異なる低コストで。無料トライアル実施中。