自主調査レポート 自主調査レポート
2013.01.29 24ページ 無料

弁当男子は、健康よりも「コスト」「スピード」を重視

男性のお弁当作りに関する調査

おかずは自分で選びたい? 既婚者も約8割が「おかずは自分で購入したものを使う」

調査結果サマリー

弁当作りのきっかけは、約8割の人が「昼食代を節約できそうだから」

セルフ型ネットリサーチ「Fastask」にて、自分で作ったお弁当を持参する男性に、お弁当作りをはじめたきっかけについて聞いたところ(複数回答)、「昼食代を節約できそうだから」(83.2%)が最も多い理由で、続いて「健康に良さそうだから」(26.2%)、「料理が好きだから」(24.4%)となりました。

弁当男子グラフ

お弁当作りで最も重視するのは「コスト」「早く作れるか」

既婚者でも、約8割の人が「おかずは自分で購入したものを使う」

おかずの材料はスーパーで。既婚者は週1回、独身者は週2~3回のペースで購入

36.4%の人が冷凍食品を「必ず利用」し、一方であえて「利用しない」人も17.6%

 

詳細資料ダウンロード無料

 

株式会社ジャストシステムは、事前調査において「自分で作ったお弁当を持参する」と回答した20~30代の社会人男性500名を対象に、「お弁当作りに関する調査」を実施しました。詳細データをまとめた全24ページの調査結果レポートをダウンロード提供いたします。

調査概要

実施期間:2013年1月11日(金)~2013年1月13日(日)
調査対象:Fastaskのモニタのうち、事前調査において
「昼食では自分で作ったお弁当を持参する」と回答した20~30代の社会人男性500名
有効回答数:500
調査方法:セルフ型ネットリサーチ Fastaskでのアンケート調査

 

今回調査した設問項目

自分が作ったお弁当を持って行くのは週何日ぐらいありますか。
お弁当のおかずはいつ用意されますか。
1ヵ月のお弁当にかかる費用でどのくらいかかりますか。
お弁当を自分でつくりはじめたのはいつ頃からですか。
お弁当をつくりはじめたきっかけを教えてください。
1ヵ月の昼食代は、お弁当を作る前と比べて節約できましたか。
あなたがお弁当づくりで重視している点を教えてください。
お弁当のおかずの購入場所と購入頻度を教えてください。
お弁当のおかずやデザートの内容について教えてください。
冷凍食品をお弁当に利用することはありますか。
冷凍食品ではどちらのタイプを利用することが多いですか。
(自然解凍型のタイプ/電子レンジで温めてから入れるタイプ)
お弁当に利用する冷凍食品の費用は1ヵ月でどのくらいかかりますか。
お弁当用の冷凍食品はどのようなものを利用されますか。

No Image

リサーチャー

調査担当者:KM
マーケティングリサーチセクション

弁当男子が話題になったのは数年前ですが、身の回りでも最近増えています。東京近郊はランチ代も馬鹿になりません。私たちのオフィスは新宿にあるのですがやはり1,000円近くかかってしまいます。弁当を自分で作る目的はもちろん「コスト削減」ですが、中には「健康」に気を遣いはじめた30代男性の間でも広がりつつあるようです。今回の調査では20代~30代の社会人の「弁当男子」に対して、弁当作りのきっかけや何を重視するか、などの実態について迫りました。料理は意外と段取りが大事で、マルチタスクの業務とも共通点があります。朝の短い時間でいかに効率よく弁当を作るか、以外と仕事好きな男性にも向いているれません。

更新情報を
WEBプッシュでお届けします。

セルフ型アンケートサービス

Fastask

高品質なネットリサーチを圧倒的なスピードと次元の異なる低コストで。無料トライアル実施中。