自主調査レポート 自主調査レポート
2020.01.16 75ページ 無料

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査 (2019年12月度)

スマホ利用者の74.2%に、「Web閲覧履歴を元にした広告配信と感じた」経験

「アドブロッカーアプリ」の認知率は、約4割

調査結果サマリー

 

スマホ利用者のうち、スマートフォンの使用中に「自身のWeb 閲覧履歴などを元に、カスタマイズされた広告配信がなされていると感じたことがある」人は 74.2 %でした※1 。年代別に見てみると、10 代( 80.4%)、20 代( 77.7%)、30 代( 70.6%)、40 代( 75.4%)、50 代( 76.0%)、60 代( 67.4%)でした。特に10 代では、8 割以上の人に経験があることがわかりました。

※1 「頻繁に感じる」「ときどき感じることがある」と答えた人の合計。

 
カスタマイズ広告の認知状況

 

■年賀状をスマートフォンで作成した人は約1割。パソコンは約4割

 

■30代以降の5割以上が、「Web閲覧履歴を元に配信されるスマホ広告は、不快」

 

■「アドブロッカーアプリ」の認知率は、約4割

 

レポートには、まだまだこんなトピックスが!無料ダウンロードできます!

  • ジャンル別のアプリ利用時間、最も利用が多いアプリジャンルは?
  • 10代女性の〇割が「TikTok」を利用中?
  • 最も利用されているiPhoneの機種は?

詳細資料ダウンロード無料

株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2019年12月度)』の結果を発表します。本調査は、17歳~69歳の男女1,100名を対象にしています。
また、集計データとしてまとめた全75ページの調査結果レポートを、「Marketing Research Camp」の自主調査レポートページ(https://marketing-rc.com/report/)から、無料でダウンロード提供します。
 

調査概要

調査期間:2019年12月28日(土)~2020年1月3日(木)
調査対象:Fastaskのモニタのうち、17歳~69歳の男女1,100名
調査方法:セルフ型ネットリサーチ Fastaskでのアンケート調査

 

今回調査した設問項目

・プライベートでインターネットにアクセスする際、利用する機器を教えてください。
・プライベートで利用している携帯電話のキャリア、スマートフォンのキャリアを教えてください。
・利用しているiPhoneの端末を教えてください。
(iPhone XS MAX/ iPhone XR/ iPhone 11/ iPhone 11 Pro/ iPhone 11 Pro Maxなど、19種)
・各種メディアについて、1日あたりの平均的な視聴・閲覧時間を教えてください。
(テレビ /新聞 /雑誌 /ラジオ /パソコン /スマートフォン)
・2020年の年賀状の作成方法を教えてください。
・スマートフォン使用中に、自身のWeb閲覧履歴を元に広告が配信されていると感じたことはありますか。
・スマートフォンのWeb閲覧履歴を元に配信される広告に対する印象を教えてください。
・アドブロッカーアプリを知っていますか。
・アドブロッカーアプリの利用状況を教えてください。

No Image

リサーチャー

調査担当者:KM
マーケティングリサーチセクション

モバイル端末を利用していると、PCで閲覧したWebに関する広告がスマホアプリで配信される、といった現象に出くわします。

SNSにログインした状態だとこのようなターゲティングをされる可能性が高くなるようなのですが、個人的にはあまり気持ちがいいものではありません。EUなどではCookieに関する規制が強化され(GDPR)、日本でも2020年には改正個人情報保護法に盛り込まれると予想されています。

今回の調査では過去に行った関連調査を再度行い、消費者の関心度合や属性ごとの差異などを比較してみました。ぜひご参考いただければ幸いです。

更新情報を
WEBプッシュでお届けします。

セルフ型アンケートサービス

Fastask

高品質なネットリサーチを圧倒的なスピードと次元の異なる低コストで。無料トライアル実施中。