自主調査レポート 自主調査レポート
2017.02.09 74ページ 無料

シェアリングエコノミーに関する実態調査【2017年版】

カーシェアリングで自動車を提供した人の7割が利用者の評価を重視

~6割以上が民泊サービスを「安全だとはいえない」と評価~

調査結果サマリー

 

カーシェアリングで自動車を提供した人の7割が利用者の評価を重視

 

個人間カーシェアリングサービスを利用したことがある人は3.4%でした。利用経験者のうち「オーナーとして自動車の提供をしたことがある」という人は55.3%でした。自動車提供時に重視することを聞いたところ「サービス自体の評判」が最も多く76.2%、次いで「サービス自体の安全性」と「利用者(乗客)の評価」が71.4%でした※。
※ 複数回答あり

CtoCカーシェアリングで重視すること

 

6割以上が民泊サービスを「安全だとはいえない」と評価

 

20代の約半数が家事などの作業代行サービスを認知

 

オンラインオークション購入者が最も重視するのは「出品者の評価」

 

オンラインフリーマーケット出品経験者のうち、20代では3人に1人が「本業よりも優先」

 

レポートには、まだまだこんなトピックスが!無料ダウンロードできます!

  • 若年層のフリマアプリの利用率はどれくらい?
  • ライドシェアサービスの認知率は?
  • 家事代行サービスの安全性をどう評価している?

詳細資料ダウンロード無料

 

株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『シェアリングエコノミーに関する実態調査【2017年版】』の結果を発表します。本調査は、20歳~69歳の男女1,109名を対象にしています。
また、集計データとしてまとめた全74ページの調査結果レポートを、「Marketing Research Camp」の自主調査レポートページ(https://marketing-rc.com/report/)から、無料でダウンロード提供します。

 

調査概要

2017年2月3日(金)~2月6日(月)
調査対象:20歳~69歳の男女1,109名
調査方法:セルフ型ネットリサーチ Fastaskでのアンケート調査

 

今回調査した設問項目

・個人間による「オンラインオークション」の利用状況を教えてください。
・「オンラインオークション」の利用方法を教えてください。
(購入者として利用/出品者として利用)
・「オンラインオークション」利用時に重視することを教えてください。
・「オンラインオークション」と本来の仕事とのバランスを教えてください。
・「オンラインフリーマーケット」の利用状況を教えてください。
・「オンラインフリーマーケット」の安全性について教えてください。
・「民泊サービス」の利用状況について教えてください。
・「民泊サービス」の安全性について教えてください。
・「個人間カーシェアリングサービス」の利用状況について教えてください。
・「作業代行サービス」の利用状況について教えてください。
・「ライドシェアサービス」の利用状況について教えてください。

No Image

リサーチャー

調査担当者:KM

CtoC(個人間)でのシェアリングサービスのニュースをよく見かけるようになりました。昨年ヒットしたドラマ「逃げ恥」で「家事代行」も注目を集めています。フリマアプリを出品者として利用している知人も多いのですが、そこそこの売上になっているそうです。一方、海外ではエアビなどの民泊サービス目的で部屋が押さえられ、本来の「居住目的」における需給のバランスが崩れだしている、といった報道もありました。また、MRCの調査でもCtoCサービス利用にはまだ不安が残るといった調査もあります。CtoCサービスで起こっている「本業化」や「安全性への不安」といった点にフォーカスして今回は調査してみました。

更新情報を
WEBプッシュでお届けします。

セルフ型アンケートサービス

Fastask

高品質なネットリサーチを圧倒的なスピードと次元の異なる低コストで。無料トライアル実施中。