自主調査レポート 自主調査レポート
2016.02.02 50ページ 無料

スマホで企業からの情報をチェックする際、最も使うのは「LINE」

「SNSプロモーションに対する消費者動向調査」

公式アカウントと友だちになるのは、「スタンプ」より「お得な情報」

調査結果サマリー

企業からの情報収集に使うのは、1位「LINE」、2位「ニュース」、3位「Twitter」

スマホユーザーが、企業がプロモーションやマーケティング活動で発信する情報をスマートフォンで収集する際、最もよく使っているのは「LINE」で(57.7%)、続いて「Webニュース/ニュースアプリ」(36.9%)、「Twitter」(36.5%)でした※1。SNSは企業が発信する情報の収集にもよく活用されているようです。

SNSプロモグラフ

LINEの「公式アカウント」と友だちになるのは、「スタンプ」よりも「お得な情報」

「LINE@」の友だちは、「自宅近隣のお店や場所」が4割超

「公式アカウント」「LINE@」をきっかけに、約8割がアクション

有名人の公式情報の収集は、1位「Twitter」、2位「LINE」、3位「公式ブログ」

 

詳細資料ダウンロード無料

 

株式会社ジャストシステムは、セルフ型アンケートサービス「Fastask(ファストアスク)」を利用し、15~49歳の男女553名に対し、『SNSプロモーションに対する消費者動向調査』を実施しました。
集計データをまとめた全50ページの調査結果レポートを「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」自主調査レポートページ(https://marketing-rc.com/report/)からダウンロード提供します。

調査概要

2016年1月21日(木)~1月22日(金)
調査対象:553サンプル
調査方法 :セルフ型ネットリサーチ Fastaskでのアンケート調査

 

今回調査した設問項目

「企業」のプロモーション等の情報を、スマートフォンでチェックする際、どのツールを使いますか。
「有名人」のプロモーション等の情報を、スマートフォンでチェックする際、どのツールを使いますか。
LINEの「公式アカウント」や「LINE@」を知っていますか。
(LINE公式アカウント/LINE@と友だちになっている人に)
どんなアカウントと友だちになっていますか。
友だちになったアカウントを、どこで知りましたか?
友だちになったアカウントから送られてくる情報を見る頻度を教えてください。
友だちになる前と後とで、アカウントに対する興味・関心に変化はありましたか。
友だちから届いた情報をきっかけに、来店や購買などを行ったことがありますか?
(企業や有名人の公式情報をチェックしていない人に)
企業や有名人から発信される情報を、スマートフォンで確認する際、利用したいSNSは何ですか。

No Image

TS

調査担当者:TS
マーケティングリサーチセクション

家族や友人との連絡手段で、もっとも頻繁に使っているのが「LINE」。 「公式アカウント」の友だちもかなり増えてきて、毎日さまざまなメッセージが届きます。 そして、「LINE@」の活用事例なども最近耳にはするものの、「公式アカウント」との違いが今ひとつ理解できていませんでした。 そんなことがきっかけで、企業や有名人が行っているSNSを活用したプロモーション活動や、消費者側の動向に興味がわき、調査することに。 企業と有名人からの情報によって、強いSNSに違いがあったり、LINE「公式アカウント」に対して、消費者は「スタンプ」よりも「お得な情報」を求めていたり、興味深い結果をたくさん得ることができました。

更新情報を
WEBプッシュでお届けします。

セルフ型アンケートサービス

Fastask

高品質なネットリサーチを圧倒的なスピードと次元の異なる低コストで。無料トライアル実施中。