自主調査レポート 自主調査レポート
2017.05.18 50ページ 無料

SNS利用による「疲れ」や「ストレス」に関する実態調査

3人に2人が、利用し始めよりも「SNS疲れ」の頻度が減った

「SNS疲れ」が減った理由は、「使い分けの上達」

調査結果サマリー

 

3人に2人が、利用し始めよりも「SNS疲れの頻度が減った」

 

SNS疲れを感じたことがある人に、利用し始めの頃とSNS疲れを感じる頻度を比較してもらったところ、「かなり減った」と答えた人は14.1%、「やや減った」人は45.5%でした。あわせて59.6%の人が使い始めの頃に比べてSNS疲れを感じる頻度が減ったと答えました。

 
3人に2人が、利用し始めよりも「SNS疲れの頻度が減った」

 

Facebook利用によるストレスは、20~30代は7割超え、10代は半数以下

 

Instagram利用によるストレスは、10代~20代の半数以上、40~50代は4割以下

 

「SNS疲れ」が利用頻度に影響しやすいのは、10代ではLINE、20~30代ではFacebook

 

「SNS疲れ」が減った理由は、4割以上が「使い分けの上達」

 

レポートには、まだまだこんなトピックスが!無料ダウンロードできます!

  • インスタ利用者が感じているストレスとは?
  • Facebookで相手の投稿にストレスを感じた際にとる行動は?
  • Twitterは若者ほどストレスを感じている?

詳細資料ダウンロード無料

株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『SNS利用による疲れやストレス』に関する調査結果を発表します。
 本調査は、スマートフォンを使用する全国の10代~50代の男女1,005名が対象です。
 また、集計データとしてまとめた全50ページの調査結果レポートを、「Marketing Research Camp」の自主調査レポートページ(https://marketing-rc.com/report/)から、無料でダウンロード提供します。

 

調査概要

2017年5月12日(金)~14日(日)
調査対象:スマートフォンを所有する全国の10代~50代の男女1,005名
調査方法:セルフ型ネットリサーチ Fastaskでのアンケート調査

 

今回調査した設問項目

・SNSの利用状況を教えてください。
(LINE/Facebook/Twitter/Instagram)
・Facebookの利用で感じるストレスについて教えてください。
・Facebookの利用で感じるストレスの内容について教えてください。
・Facebookの利用でストレスを感じた場合の行動について教えてください。
・Twitterの利用で感じるストレスについて教えてください。
・Twitterの利用で感じるストレスの内容について教えてください。
・Instagramの利用で感じるストレスについて教えてください。
・LINEの利用で感じるストレスについて教えてください。
・「SNS疲れ」を感じたことがあるか教えてください。

No Image

リサーチャー

調査担当者:KM
マーケティングリサーチセクション

Twitterやインスタの利用について街頭インタビューをしていて思うのは、「みんなSNSを使いこなしてんな」ってこと。「SNS疲れ」というコトバをGoogleトレンドで見てみると2012年ごろから急に数値が高くなり、その後も凸凹がありつつも現在まで高い水準で推移しています。でもどうなんでしょう?ぶっちゃけ「SNS疲れ」ってそんなに感じていますか?ということで今回も調査を行いました。

更新情報を
WEBプッシュでお届けします。

セルフ型アンケートサービス

Fastask

高品質なネットリサーチを圧倒的なスピードと次元の異なる低コストで。無料トライアル実施中。