自主調査レポート 自主調査レポート
2022.04.21 34ページ 無料

スイーツに関する実態調査

スイーツ喫食者の3割以上が「購入するスイーツの“季節感”を重視」

スイーツ喫食者の4割以上が直近1年間で「サクラフレーバーのスイーツを食べたことがある」と回答

調査結果サマリー

 

「スイーツを自分で食べるために買うことがある」と回答した男女に『スイーツを購入する際に重視すること』を聞いたところ、31.9%が「季節感がある」と回答しました。
※複数回答あり。

fa_report-sweets-20220421-11

 

■スイーツの購入先は「スーパー」「コンビニ」「専門店」が中心

 

■スイーツ喫食者の半数以上が、「1年中抹茶スイーツが販売されたらよいと思う」と回答

 

■コンビニスイーツ利用者の約35%が「高級路線のスイーツ」を嗜好するも、実際は約45%が「低価格路線のスイーツ」をメインで購入

 

レポートには、まだまだこんなトピックスが!無料ダウンロードできます!

  • どんな種類のスイーツを買ってるの?
  • スイーツの情報収集はどうしてる?
  • スイーツを食べる場面/目的は?

詳細資料ダウンロード無料

株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『スイーツに関する実態調査』の結果を発表します。本調査は事前の調査でスイーツを自分で食べるために買うことがあると回答した20歳から69歳の男女1,500名を対象にしています。
また、集計データとしてまとめた全34ページの調査結果レポートを、「Marketing Research Camp」の自主調査レポートページ(https://marketing-rc.com/report/)から、無料でダウンロード提供します。

調査概要

調査名:『スイーツに関する実態調査』
調査期間:4月8日(金)~4月11日(月)
調査対象:事前の調査で、スイーツを自分で食べるために買うことがあると回答した20歳から69歳の男女1,500名

今回調査した設問項目

・今までに行ったことがある旅行先
・買うことがあるスイーツの種類
・スイーツを購入する頻度/場所/価格帯
・スイーツの情報収集をする媒体
・スイーツを食べる場面/目的
・スイーツを購入する際に重視すること
・今後(も)購入するスイーツにあったらよいと思う機能や特徴
・季節性のあるフレーバーのスイーツを連想する季節/喫食状況/好み/購入意向
・季節性のあるフレーバーのスイーツが商品が販売されていたらよいと思う季節
・コンビニエンスストアのスイーツの購入状況

No Image

調査担当者:編集長
マーケティングリサーチセクション

今の時期にぴったりのサクラやいちごなど、季節に合わせて様々なフレーバーのスイーツが各社から登場しますが、「抹茶系のお菓子/スイーツって冬限定の商品もあるけど、1年中あったらいいのに・・・」と個人的に思ったのが今回の調査をするきっかけでした。

今回はスイーツを喫食する方を対象に、季節性のあるフレーバーのスイーツの喫食状況や好み、購入意向などを調査してみました。

この他にも、最近話題の「グルテンフリー」や「ヴィーガンスイーツ」「低GI」などに関連した質問も行っていますので、今後のマーケティングや商品企画の参考にしてみてください。

更新情報を
WEBプッシュでお届けします。

セルフ型アンケートサービス

Fastask

高品質なネットリサーチを圧倒的なスピードと次元の異なる低コストで。無料トライアル実施中。