自主調査レポート 自主調査レポート
2013.06.20 24ページ 無料

LINE にハマる現役大学生、約3 割は1 日1 時間以上利用

大学生のLINE利用実態調査

既読がプレッシャー?半数近くがトーク利用で「LINE 疲れ」を感じる

調査結果サマリー

LINEを利用している大学生の約3割は、1日1時間以上利用

セルフ型ネットリサーチ「Fastask」にて、LINE をスマートフォンで利用している大学生に、LINE の1 日の平均利用時間を聞いたところ最も多かったのは「10 分以上~ 30 分未満」で28.5 %となりました。なお1 日1 時間以上利用している方の合計は28.2 %となり、約3 割が1 日1 時間以上利用していることが明らかになりました。また、利用している時間帯では、21 時台、22 時台がともに60 %を超えていました。

大学生LINEグラフ

すべてのスマートフォンアプリの中で、最も利用するのは「LINE」

新入生ほど多くの人とトークでやりとりし、学年が上がるにつれて特定の1人と

大学生の有償スタンプの購入経験は、2割に満たず

既読がプレッシャー? 半数近くがトーク利用で「LINE疲れ」を感じる

 

詳細資料ダウンロード無料

 

株式会社ジャストシステムはスクリーニング調査において、スマートフォンでLINEを利用していると回答した大学生(18~23歳)の男女750 名を対象に『大学生のLINE利用実態調査』を実施しました。詳細をまとめた全24ページの調査結果レポートをダウンロード提供いたします。

調査概要

実施期間:2013年6月13日(木)~6月17日(月)
調査対象:Fastaskのモニタのうち、スクリーニング調査で、スマートフォンでLINE(ライン)を利用していると回答した18~23歳の大学生男女
有効回答数:750
調査方法:セルフ型ネットリサーチ Fastaskでのアンケート調査

 

今回調査した設問項目

LINEを利用する時間帯を教えてください。
平均すると1日に何人くらいの人とLINEでトークしていますか。
平均すると1日にどのくらいの時間、LINEを利用していますか。
スマートフォンで利用するアプリのうち、LINEは何番目によく使うアプリですか。
招待されて登録しているLINEの「グループ」の数はいくつですか。
「LINE」を「Facebook」と連携させる設定をして利用していますか。
これまでに購入した有料のスタンプはいくつですか。
他のことを行いながらLINEでトークする「ながらLINE」をよく行いますか。
トークの相手が他のLINE以外のサービスを利用する場合、そのサービスに乗り換えますか。
「LINE」の「コイン」をチャージして利用していますか。
既読が相手にわかるので返事をしなければ悪いと思ってしまうことはありますか。
LINEがなかったなら学生生活はつまらないものになると思いますか。
LINEのトーク利用で疲れを感じることがありますか。

No Image

リサーチャー

調査担当者:KM
マーケティングリサーチセクション

若年層を中心にLINEの利用が広がっています。今回の調査はその中でも大学生にフォーカスして利用実態に迫りました。この調査もちょうど大学生の子供がいるスタッフからのアイデアがきっかけです。子供がLINEを利用している姿や話を聞いて調査テーマにしてはおもしろいのでは?と思いました。今、大学生が最も利用するアプリはLINEです。つまり、大学生にリーチするための最も友好的なプラットフォームになりつつある、と言えます。一方で、LINEの「既読プレッシャー」による「LINE疲れ」の兆候も調査結果から読み取れました。今後、若年層にリーチするためのプラットフォームとして機能し続けるためには、超えなければならない壁がありそうです。

更新情報を
WEBプッシュでお届けします。

セルフ型アンケートサービス

Fastask

高品質なネットリサーチを圧倒的なスピードと次元の異なる低コストで。無料トライアル実施中。