自主調査レポート 自主調査レポート
2017.11.16 63ページ 無料

動画&動画広告 月次定点調査(2017年10月度)

10月、最も購買行動影響を与えた「動画プラットフォーム」は?

主要動画ストリーミング端末で、最も利用されているのは「Fire TV Stick」

調査結果サマリー

 

10月、最も購買行動に影響を与えた動画プラットフォームは「YouTube」

 

10月に動画広告を視聴した人に、動画広告を見かけたプラットフォームの中で、購入の際に最も参考にしたものを聞いたところ、「YouTube」と答えた人の割合が最も多いという結果になりました(37.0%)。10代に限って見てみると、「YouTube」(47.4%)の次に「LINE」(10.5%)が多く、他の年代に比べて「LINE」を参考にする人の割合が高いことがわかりました。

 
10月、最も購買行動に影響を与えた動画プラットフォームは「YouTube」

 

主要動画ストリーミング端末で、最も利用されているのは「Fire TV Stick」

 

スマホ利用者の約4割は、「自動再生動画に否定的」

 

Instagramの「ライブ動画にゲストを招待できる機能」を、10代スマホ利用者の約3割が認知

 

レポートには、まだまだこんなトピックスが!無料ダウンロードできます!

  • 10代がYouTubeの次に動画コンテンツをよく視聴するプラットフォームは
  • Chromecastで利用するのは、Amazon?それともHulu?
  • 若者とシニア世代、自動再生動画に否定的なのはどっち?

詳細資料ダウンロード無料

 株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『動画&動画広告 月次定点調査(2017年10月度)』の結果を発表します。本調査は、15歳~69歳の男女1,100名を対象にしています。
 また、集計データとしてまとめた全63ページの調査結果レポートを、「Marketing Research Camp」の自主調査レポートページ(https://marketing-rc.com/report/)から、無料でダウンロード提供します。

 

調査概要

2017年10月31日(火)~11月5日(日)
調査対象:15歳~69歳の男女1,100名
調査方法:セルフ型ネットリサーチ Fastaskでのアンケート調査

 

今回調査した設問項目

・動画コンテンツの視聴状況を教えてください。
・1日あたりの平均的な動画視聴時間を教えてください。
・動画コンテンツを視聴するデバイスを教えてください。
・動画コンテンツを視聴するプラットフォームを教えてください。
(YouTube/LINE/Facebook/Instagram/Twitter/MixChannel/Snapchat/SNOW/ツイキャス/ニコニコ/そのほかのSNS)
・動画コンテンツの投稿状況を教えてください。
・動画コンテンツをスマートフォンで視聴する際の向きを教えてください。
・今月、視聴した動画のジャンルを教えてください。
・動画ストリーミング端末の利用状況を教えてください。
 (Fire TV Stick(Amazon Fire TV)/Chromecast(Chromecast Ultra)/Apple TV)
・最も購買の参考にした動画広告配信プラットフォームを教えてください。

No Image

リサーチャー

調査担当者:KM
マーケティングリサーチセクション

2017年の動画広告市場は、1,374億円に達する見込みだそうですね。(サイバーエージェント調査)実際、かなり目にする機会も増えました。リーチ力はYouTubeですが、購買への影響度という視点からいうと、どのプラットフォームに軍配があがるのでしょうか?今回はそんな「購買行動に影響を与える動画プラットフォーム」という視点で調査をしてみました。他にも、動画ストリーミング端末や、自動再生動画について調査を行っています。ぜひ参考にしてください。

更新情報を
WEBプッシュでお届けします。

セルフ型アンケートサービス

Fastask

高品質なネットリサーチを圧倒的なスピードと次元の異なる低コストで。無料トライアル実施中。