自主調査レポート 自主調査レポート
2015.12.17 22ページ 無料

20代女性の4人に1人は、思い出を「Instagram」に投稿

スマホは若者の「クリスマス」をどう変えたのか?

3割近くがクリスマス時期になると、SNS投稿をより意識する

調査結果サマリー

20代女性の4人に1人は、クリスマスの思い出を「Instagram」に投稿

パーティやイベント、デートなどクリスマスの思い出を投稿するSNSとして「Twitter」を挙げる人が最も多く(33.0%)、次いで「Facebook」(23.3%)、「LINEのタイムライン」(22.7%)、「Instagram」(15.7%)でした。20代女性だけで見ると、「Twitter」(46.1%)を挙げる人が最も多いという結果は同じでしたが、次いで多かったのは「Instagram」(26.1%)でした。

クリスマスグラフ

3割近くがクリスマス時期になると、SNSへの投稿をより意識するように

3人に2人がクリスマスのデートプランのために、スマートフォンで情報収集

クリスマスのレストランは、6割以上がスマートフォンで決める

7割の女性がクリスマスの料理レシピを、スマートフォンで調べる

 

詳細資料ダウンロード無料

 

株式会社ジャストシステムは、セルフ型アンケートサービス「Fastask(ファストアスク)」を利用して、スマートフォンを所有する全国の20歳から39歳の男女661名を対象に、『クリスマスの情報収集に関する調査』を実施しました。
男女別、年齢別のクロス集計データとしてまとめた全22ページの調査結果レポートをダウンロード提供します。

調査概要

2015年12月8日(火)~12月10日(木)
調査対象:661サンプル
調査方法 :セルフ型ネットリサーチ Fastaskでのアンケート調査

今回調査した設問項目

今年のクリスマスの予定について教えてください。
クリスマスのデートプランに関する情報収集の方法について教えてください。
(スマートフォン/パソコン/TV/雑誌や書籍)
クリスマスのイベント情報に関する情報収集の方法について教えてください。
クリスマスのレストラン情報に関する情報収集の方法について教えてください。
クリスマスの宿泊施設情報に関する情報収集の方法について教えてください。
クリスマスの料理レシピに関する情報収集の方法について教えてください。
クリスマスプレゼントに関する情報収集の方法について教えてください。
クリスマスの過ごし方に関するSNSの投稿について教えてください。
スマートフォンを利用するようになってからのクリスマスの過ごし方に関する変化を教えてください。

No Image

リサーチャー

調査担当者:KM
マーケティングリサーチセクション

ここ数年、クリスマスでいろいろなイベントに行くことが増えているように思います。そして、毎年のように「リア充」投稿であふれるSNS。昨年と違うのはInstagramの利用が活発なことでしょうか。ハロウィンのときにはタイムラインが投稿で埋め尽くされました。スマートフォンやSNSでさまざまな情報に気軽に接触することができると同時に、それらSNSへの投稿を強く意識するようになっているように感じます。そしてそれが間接的に消費へと繋がっているのではないでしょうか?今回はそんな観点からスマートフォンとクリスマスという掛け合わせで調査をしてみました。

更新情報を
WEBプッシュでお届けします。

セルフ型アンケートサービス

Fastask

高品質なネットリサーチを圧倒的なスピードと次元の異なる低コストで。無料トライアル実施中。